FXではおなじみのスワップ金利。このFXで言うところのスワップ金利と同様の仕組みがCFDにもあり、オーバーナイト金利といわれているかもしれませんね。オーバーナイト金利は、CFDで取引できる対象銘柄全てに関わっているわけではないのです。株式CFDと株価指数CFD、業種別CFDを取引した場合で、日にちをまたいでポジションを保有した場合に発生します。ここで気をつけてほしい事は、オーバーナイト金利とスワップ金利では、仕組みは同じでも結果がことなってくることといえます。FXの場合には、一例としては、豪ドル/円を買う場合、借り入れた日本円の利息を払う一方、豪ドルの利息をもらえることですね。オーストラリアは日本よりも高金利なので、豪ドル/円を買うと利息がもらえるそうです。対するCFDでは、オーストラリアの個別株を購入する場合、日本円で海外株を購入する事が出来ないため、豪ドルを借りて株式を購入する事と思います。このことにより、買いポジションであるにも関わらず、金利の支払い義務が生じるくれるはずです。また、FXでは金利の高い通貨を空売りし、その売りポジションを翌日まで持ち越す事によりスワップポイントの支払い義務が生じますが、CFDだったら売りポジションを持ち越すことによって常にオーバーナイト金利を受け取ることが出来るようになっています。CFD取引では売りから入ることも可能ですので、こういった事も念頭に置いて取引を行うと良いですねー